精密機械のMBD(モデルベース開発)

dspace

 自動車業界では,すでに当たり前になっているMBDですが,
最近は精密機械の分野でも耳にするようになりました.しか
し実際に始めてみると,自動車業界のMBDは参考にならない
と感じて,開発の進め方に迷うケースが多いようです.
 その理由は,自動車と精密機械で抱える開発課題が異なる
からです.自動車は組込みシステムの開発期間短縮が課題で
あり,それは主にソフト屋の仕事です.
 一方,精密機械は精度の要求仕様を達成する課題が大半で
あり,ソフト屋だけの仕事ではありません.むしろ,振動を
原因とする誤差など,メカ屋の仕事である場合が多いのです.
そのため,精密機械でベースとなるモデルは NXなどのCAD/CAEツールで作成した機構系モデルであり,そこに制御系を合体させようという考え方が主流です.
 これは,転倒などのマクロ的挙動が問題となる重機では役立っていますが,位置誤差などのミクロ的挙動を問題 とする精密機械には不向きなようです.機構モデルが複雑で,モデルの編集にも演算実行にも時間がかかりすぎ, 開発スケジュールに間に合わないのです.最近は少し早くなったとも聞きますが,未だにこれといった成功例が 見当たりません.
 そこで,精密機械に適したMBDについて(1)~(4)の順にお話ししたいと思います. なお,ここで言う精密機械とは,機械的誤差に許容範囲を定めている機械を指しています. 例えば,位置決め機能を持つ機械は精密機械となります. 具体的には,工作機械,産業用ロボット,光学機器,医療用計測装置などです. 微小誤差を問題とするため,機構モデルに拘束軸を設定できないことが共通しています. そのため,よく知られた自動車のMBDとは大きく異なります.

 (1)MBDの種類
 (2)数学屋ほん舗のMBD
 (3)実施例の紹介
 (4)注意すべきこと

次のページへ   1.MBDの種類

 ご意見はこちら.ご質問もこちら.お気軽にどうぞ.

Page top icon